« subversionのコミットログを検索して置換 | トップページ | ほとんど放置ですが »

2010年9月23日 (木)

excelreportexportプラグインのtrac0.12対応

TracLightning3.0.0alphaでExcelReportExportが使えないのは、
get_ticket_fields()で取得したデータにtime/changetimeも
入っていて、それの内容をkeyに使ってticket.values.get()したとき
このデータをvalueとしてそのままworksheet.write()で
渡して内部でフォーマットに問題があるということでerrorになってると
わかりました。

value.replace(tzinfo=None)をわたすようにすればerrorは消えるのですが、
そもそも「作成日」と「更新日」はその前に作成するようになっており、
わざわざ「作成(time)」/「更新(changetime)」を追加する必要もありません。
(それをだしても日付のフォーマットで書かれるわけでもないですし。)

で、とりあえず無理やりget_ticket_fields()の直後でその2つを削ってやり、
0.11のときと同様になるようにしてみました。

--- ExcelReportExport/excelreportexport/excelreportexport.py(old)
+++ ExcelReportExport/excelreportexport/excelreportexport.py(new)
@@ -70,6 +70,13 @@

         # 1行目にヘッダー情報(フィールド一覧)を出力する。
         ticketfields = TicketSystem(self.env).get_ticket_fields()
+        ticketfields2=[]
+        for field in ticketfields:
+            key = field['name']
+            if key in ['time', 'changetime']:
+                continue
+            ticketfields2.append(field)
+        ticketfields = ticketfields2
         self.createheader(ticketfields, worksheet)

         # 定義されているステータス一覧

→作者のshoさんからtraclightningに反映してよいご返事をいただきましたので次のリリースでのせる予定です。

|

« subversionのコミットログを検索して置換 | トップページ | ほとんど放置ですが »

trac」カテゴリの記事

TracLightning」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: excelreportexportプラグインのtrac0.12対応:

« subversionのコミットログを検索して置換 | トップページ | ほとんど放置ですが »