« 2011年11月 | トップページ | 2013年3月 »

2012年8月

2012年8月28日 (火)

クリップボードにアクセスするスクリプト

wsf(wsh)のJavascriptでクリップボードにアクセスする方法を
web検索したら、

WSH よりクリップボードを使う
WSH よりクリップボード、次の手

が見つかりました。
前者は、いちいちダイアログが立ち上がるので
後者を使いたいわけですが、CライクだからJavaScriptを使う
私にはとっかかりの部分がよくわかりません。

で、自分がとっつきやすいようにするため、二つをあわせて
以下のように変更(ほとんどパクリですみません)。とりあえず動作。

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS" standalone="yes" ?>
<package>
<job id="ClipTest">
<?job error="True" debug="True" ?>
<object id="objFs" progid="Scripting.FileSystemObject" />
<script language="JavaScript">
<![CDATA[

var clipboard = new Clipboard ();
var stxt = clipboard.getText ();
WScript.Echo (stxt);//クリップボードの内容をダイアログ表示

clipboard.setText ("OK : " + stxt);//"OK : "を追加して文字列をクリップボードに書き込み

function Clipboard ()
{
// コマンドのID
var OLECMDID_COPY = 12;
var OLECMDID_PASTE = 13;
var OLECMDID_SELECTALL = 17;

// IE のインスタンスを作成
this.internetExplorer = new ActiveXObject ('InternetExplorer.Application');

// IEの初期化
this.internetExplorer.Navigate ('about:blank');
while (this.internetExplorer.Busy)
  WScript.Sleep (10);

// textarea 要素を作成する
var _textarea = this.internetExplorer.document.createElement ("textarea");
this.internetExplorer.document.body.appendChild (_textarea);
_textarea.focus ();

// クリップボードより文字列を取得するメソッド
this.getText = function ()
{
  _textarea.innerText = "";
  this.internetExplorer.execWB (OLECMDID_PASTE, 0);
  return _textarea.innerText;
};

// クリップボードに文字列をコピーするメソッド
this.setText = function (s)
{
  _textarea.innerText = s;
  this.internetExplorer.execWB (OLECMDID_SELECTALL, 0);
  this.internetExplorer.execWB (OLECMDID_COPY, 0);
  return true;
}

// IE を解放するメソッド
this.release = function ()
{
  this.internetExplorer.Quit ();
  return true;
}

return this;
}
]]>
</script>
</job>
</package>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

TortoiseSVNでの変更ファイル等をcopyするwsf

TortoiseSVNでの変更ファイル等をcopyするバッチファイル
使っていましたが、ファイルやフォルダ名にスペース文字があったときなど
対応ができないので、困ることが多くなり、wsfで作り直しました。

以下がそれです。

<copytsvn.wsf>

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS" standalone="yes" ?>
<package>
<job id="copytsvn">
<?job error="True" debug="True" ?>
<object id="objFs" progid="Scripting.FileSystemObject" />
<script language="JavaScript">
<![CDATA[

LISTTXT = "list.txt";
SRC_FOLDER = "AAA";
DST_FOLDER = "AAA_bk";

var strCurrentFolder = objFs.GetParentFolderName(WScript.ScriptFullName);
//WScript.Echo ("CurrentFolder : " + strCurrentFolder);

var strSourceFolder = strCurrentFolder + "\\" + SRC_FOLDER;
var strDestinationFolder = strCurrentFolder + "\\" + DST_FOLDER;
var strListText = strCurrentFolder + "\\" + LISTTXT;
var strTemp;

if(!objFs.FolderExists(strCurrentFolder))
{
WScript.Echo ("SourceFolderがありません");
}
else if(!objFs.FileExists(strListText))
{
WScript.Echo (LISTTXT + "がありません");
}
else if(objFs.FolderExists(strDestinationFolder))
{
WScript.Echo ("DestinationFolderが既に存在します");
}
else
{
objFs.CreateFolder(strDestinationFolder);//DestinationFolder作成
var objTs = objFs.OpenTextFile(strListText,1,false);//ReadOnlyでLISTTXTを開く

do{
  strLine = objTs.ReadLine();//1line読み出し
  //WScript.Echo ("> " + strLine);
  splitData = strLine.split("/");//'/'で区切る
  //WScript.Echo ("num: " + splitData.length);
  if(splitData.length == 0)
  {
   //処理しない
  }
  else
  {
   if(splitData.length == 1)//file copyのみ
   {
    //for file copy
    strTemp = splitData[splitData.length-1];//file pathの後半部分
   }
   else
   {
    //mkdir
    //strDestinationFolder;
    for(i=0; i<(splitData.length-1); i++)//最後の文字列はファイルであるとみなす
    {
     //WScript.Echo ("str: " + splitData[i]);
     if(i == 0)
     {
      strTemp = splitData[i];
     }
     else
     {
      strTemp = strTemp + "\\" + splitData[i];
     }
     if(!objFs.FolderExists(strDestinationFolder + "\\" + strTemp))
     {
      objFs.CreateFolder(strDestinationFolder + "\\" + strTemp);//Folder作成
     }
    }
   
    //for file copy
    strTemp = strTemp + "\\" + splitData[splitData.length-1];//file pathの後半部分
   }
   //file copy
   if(!objFs.FileExists(strSourceFolder + "\\" + strTemp))
   {
    WScript.Echo ("ファイル:" + splitData[splitData.length-1] + "がありません");
   }
   else
   {
    objFs.CopyFile(strSourceFolder + "\\" + strTemp, strDestinationFolder + "\\" + strTemp);//from,toの順
   }
  }
}while(!objTs.AtEndOfStream);

objTs.Close();
}

]]>
</script>
</job>
</package>

<このスクリプトの使い方>
copytsvn.batとほとんど変わりません。
作業フォルダで右クリック→tortoiseSVN→「変更をチェック」
として変更ファイル等を表示、copyしたいものをマウスでアクティブにして
右クリックで「クリップボードにパスをコピー」。
これを「パス」などファイル名以外がある行は削ってlist.txtとして保存、
作業フォルダが入っているフォルダに置く。
このスクリプトファイルを、作業フォルダが入っているフォルダに置き、スクリプト中の
SRC_FOLDERに元のフォルダ(上記のままなら"AAA")を、DST_FOLDERに出力フォルダ(上記のままなら"AAA_bk")を記述して保存する。
あとは実行(このスクリプトをクリック)するだけ。
(必要なフォルダを作りながらファイルをコピーします。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

ipod touch/iphone用EBPocketの辞書データ転送

一年半ぶりに辞書(wikipedia)を更新しようとしました。
が、例によって転送方法を忘れてしまいました。
そういうわけで調べたことをメモ。

普通にやるとすればwifi経由でftp転送。

1.EBPocket Freeを起動
2.左下歯車アイコンを押す
3.設定-FTPサーバー(Windows(SJIS)はオンにしておく)
4.右上「開始」ボタンを押す

とするとipアドレスとポート番号が表示されるので
PC側FTPソフト(私はFFFTPを使用)で

ipアドレス:ポート番号

のように指定して接続。
あとは表示されたフォルダのEBPocketフォルダに転送するだけ。

wifi経由なのでやはり遅いです。
そこでUSBケーブル接続で、i-FunBoxでの転送ができないかと調べてみると、

Connected Devices
-xxxのiPod~
-ユーザー・アプリケーション
-EBPocket Free
-Documents
-EBPocket

の下に辞書データを発見。
ここにおけばOKとわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

svnのpre-lockスクリプト(windows)

pre-lockスクリプトではまったのでメモ。

ほかのhookではバッチファイルの実行結果が出ないのに、
何故かpre-lockではそのまま出てしまう
。これが災いしてエラーになる。
たとえば以下のように。

@echo off
rem "@echo off"は先頭に必要です。
set PATH=C:\Windows;C:\Windows\system32;

cscript //nologo %~dp0_pre-lock.wsf %1 %2 %3 %4 %5
if ERRORLEVEL 1 goto fail

:success
exit 0

:fail
exit 1

さらに上記では、wsfを呼び出している。そこももし表示するようにしていればエラーになるので注意。以下はその_pre-lock.wsfの内容。

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS" standalone="yes" ?>
<package>
<job id="SvnPreLock">
<?job error="True" debug="True" ?>
<object id="objFs" progid="Scripting.FileSystemObject" />
<script language="jscript">
<![CDATA[

//WScript.echo("OK!");//pre-lockではechoを出してはいけない
//WScript.Quit(1);//異常終了
WScript.Quit(0);//正常終了

]]>
</script>
</job>
</package>

追記:
上記にエラー処理も入れた場合、エラーのとき「ロックが pre-lock フックによって妨げられました (終了コード: 99)。出力はありません。」と出てしまいます。

何のエラーかわかるようにしたいと思い、無理やりバッチファイルでメッセージを標準エラーに出力。

@echo off
rem "@echo off"は先頭に必要です。
set PATH=C:\Windows;C:\Windows\system32;

cscript //nologo %~dp0_pre-lock.wsf %1 %2 %3 %4 %5
if ERRORLEVEL 2 goto fail
if ERRORLEVEL 1 goto fail1

:success
exit 0

:fail1
@echo on
echo コメントを入力してください。>&2
exit 99

:fail
exit 1

標準エラーに出力してもいいのかよくわかってませんが、とりあえず思惑通りの動き。
「ロックが pre-lock フックによって妨げられました (終了コード: 99)。出力:
コメントを入力してください。」のように表示されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

Subversionでのリビジョン削除

今までSubversion1.5(TortoiseSVN1.5)を利用していました。
時々コミットをミスったとき、「直接」リポジトリのDBフォルダを
いじっていました。(だって時間がかからないし)

しかし、つい最近、1.7にアップデートし、
それでリポジトリを作成、そのうちコミットをミスってしまいました。

いつもの調子で上記のとおり削除。
すると、いくつかコミットしてチェックアウトする時にエラーが出るようになりました。
もうこの方法は使えないのかも。

TortoiseSVNログを表示、右クリックこのリビジョンにおける変更を取り消すのようにする方が無難でしょう。履歴残るけど。

しかし、もうおかしくなったのでdumpでもどすしか。
やり方を忘れてたので、ついでにここにメモ。

まず、指定リビジョン(今回12)までdump。リポジトリはxxx、aaa.dumpに保存。

svnadmin.exe dump -r 0:12 "c:\repos\xxx" > c:\aaa.dump

次にリポジトリ作成。名前はyyyとする。これは、

svnadmin.exe create "c:\repos\yyy"

のようにコマンドラインで作成すると、リポジトリフォルダにアイコンが出ません。ので、ここはTortoiseSVNで作成(フォルダ構成は作らない)。

最後にload。

svnadmin.exe load "c:\repos\yyy" < c:\aaa.dump

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

WSHでプログラムを実行する際のコンソールウィンドウを非表示に

WSHでプログラムを実行して出力を受け取って
処理するものを考えていたのですが、
コンソールウィンドウがいちいち出てくるのが非常にうざったいので
非表示にする方法を検索。

WScript.ShellのExec()でコンソールアプリを非表示で実行する。
ドラッグ&ドロップされたファイルにまとめて何かする。

1番目はVBScript、2番目はJavaScript。
私にはJavaScriptのほうが少しだけとっつきやすいですが、
2番目をmodifyしてみてもなぜか表示されます。
(やり方に問題があるのでしょうけど)

結局、「Runのところで0にしないと非表示にならない」というだけ、
なんじゃないかと試したらとりあえず動作。
下がそのサンプル。

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS" standalone="yes" ?>
<package>
<job>
<?job error="True" debug="False" ?>
<script language="jscript">
// コンソールを非表示に(ここで「job id="SvnList"」を実行、非表示の対象とする)
var args = ['CScript.exe //job:exec', '"' + WScript.ScriptFullName + '"'];
for (var arg = new Enumerator(WScript.Arguments); !arg.atEnd(); arg.moveNext()) {
  args.push('"' + arg.item() + '"');
}
var shell = new ActiveXObject('WScript.Shell');
shell.Run(args.join(' '), 0, true);//->0で非表示
WScript.Quit(0);
</script>
</job>

<job id="exec">
<?job error="True" debug="True" ?>
<object id="objFs" progid="Scripting.FileSystemObject" />
<script language="jscript">
<![CDATA[

//svn listを実行してみる
var str1 =  exe1("\"C:\\Program Files\\TortoiseSVN\\bin\\svn.exe\" list -v \"file:///D:/rep/test/trunk\"")
//WScript.Echo(str1);
var current_dir = objFs.GetParentFolderName(WScript.ScriptFullName);
//WScript.Echo(current_dir);
var path = current_dir + "\\svn.txt";
filewrite1(path,str1);
//WScript.Echo(path);

function filewrite1(path,str)
{
var objFileSys = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
if(!objFs.FileExists(path))
{
objFileSys.CreateTextFile(path);
}
var objOutFile = objFileSys.OpenTextFile(path ,2);//2は書き込み(上書き)
var splitstr = str.split("\n");
var i;
for(i=0;i<splitstr.length;i++)
{
objOutFile.WriteLine(splitstr[i]);
}
objOutFile.Close();
objOutFile = null;
objFileSys = null;
}
function exe1(cmd_path)
{
var shell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
var exec = shell.Exec(cmd_path);
var out = '';
while (!exec.StdOut.AtEndOfStream)
{
  out += exec.StdOut.ReadLine() + "\n";
}
exec = null;
shell = null;
return(out);
}

]]>
</script>
</job>
</package>

ただ、Echoのコメントアウトをはずしてもメッセージが出ないのは、
そういうものなのでしょうか。
最初の<job>~</job>をはずせばもちろん表示されますけど。
→わかりました。Echoもコマンドプロンプトのほうに出力されているからですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2013年3月 »