Puppy Linux簡単アップグレード

http://sakurapup.browserloadofcoolness.com/viewtopic.php?t=574
の暇人さんの記事のまるまるコピーです。
(やるたび記事を探すのがめんどくさくなったので。バックアップの意味でも。)

FRUGALインストール済みでgrubが入ってるならCDを焼かずに
アップデートできます。

/mnt/homeに新しいディレクトリを作る。
例 puppy400J

新しいpuppyのisoイメージをマウントする。
puppy400Jに initrd.gz pup_400.sfs vmlinuz zdrv_400.sfs 4つのファイルをコピー。
新しいファイルをひとつ作ってidehdにリネーム

/mnt/home/boot/grup/menu.lst を編集、追加する

title Puppy Linux 400J
rootnoverify (hd0,0)
kernel /puppy400J/vmlinuz root=/dev/hda1 ro pmedia=idehd psubdir=puppy400J pfix=ram
initrd /puppy400J/initrd.gz

既存のエントリを参考に自分の環境に応じて修正してください。
要するにFRUGALインストールを手動で行うわけです。

新しくセーブファイルを作ったら赤字のところは初回起動後に削除してください。
次回起動時にセーブファイルの選択ができます。

バージョンアップの場合、初回起動時に旧バージョンのセーブファイルをマウントして、
必要な設定ファイルをコピーすると一から設定し直す手間が省けます。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1096208/27620414

この記事へのトラックバック一覧です: Puppy Linux簡単アップグレード:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。