XP小ネタ集

XPを使うときのメモです。

コマンドプロンプトをユーザーを指定して起動
指定ユーザーでの動作を確認するのに使える。

「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」の「コマンドプロンプト」を右クリック、
ポップアップメニューから「他のユーザーとして実行」を左クリック、
出てきたダイアログでユーザーを指定して「OK」ボタンをクリックする。

デバッグ時の時間計測やデバッグメッセージ
OutputDebugStringをプログラム中に埋め込む。
DebugViewを起動してプログラムを動作させる。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XP小ネタ集:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。