XPからUSBメモリ起動puppy linux作成

http://sakurapup.browserloadofcoolness.com/viewtopic.php?t=351参考。

方法1

1.空のUSBメモリをPCに接続(仮にe:に割り付けられたとする)
2.DAEMON TOOLSでpuppy linuxのISOイメージを開いて
全ファイルを空のUSBメモリにコピー

3.USBメモリのisolinux.cfgのファイルだけsyslinux.cfgに名前を変更

4.ここからsyslinux-x.xx.zipをダウンロード、解凍

5.コマンドプロンプトから解凍した中にあるWin32にcdして
  syslinux.exe -ma e:
として実行

方法2(UNetbootin使用)

1.空のUSBメモリをPCに接続(仮にe:に割り付けられたとする)

2.http://unetbootin.sourceforge.net/の上方にある
Download(for Windows)のアイコンをクリック、unetbootin-windows-xxx.exeをダウンロード

3.unetbootin-windows-xxx.exeを実行、出てきたダイアログで、
DiskImageを選択、ISOを選択、puppy linuxのISOイメージを選択、
TYPE:でUSB Driveを選択、Drive:でE:\を選択、
OKを押す

方法2のメニューを出したくない場合、

4.以下のファイルを削除(しなくても大丈夫だけど不要)
isolinux.cfg
ubnfilel.txt
ubninit
ubnkern
ubnpathl.txt
vesamenu.c32

5.SYSLINUX.CFGを以下の内容に書き換え
default puppy
display boot.msg
prompt 1
label puppy
kernel vmlinuz
append initrd=initrd.gz pmedia=cd
timeout 1

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1096208/27589460

この記事へのトラックバック一覧です: XPからUSBメモリ起動puppy linux作成:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。